初めての不動産売買はここではじめよう

home > 不動産の売買について > 不動産の売買をするときの業者はどのように選ぶか

不動産の売買をするときの業者はどのように選ぶか

不動産の売買をする場合は、不動産会社にお願いをすることが一般的です。不動産会社に依頼すると仲介手数料がかかるため、負担が大きくなります。当然ながら、書類などを全て書いてくれますので、非常に楽に売買できるでしょう。一方、不動産の売買は自分で行うことも可能です。基本的には、必ず不動産業者に仲介してもらわなくても問題ありません。ですので、お金が気になる人は、自分自身で行うことも検討してみると良いでしょう。自分自身で行う場合は、書類などを全て書かなければなりません。また、売買する相手も自分自身で探す必要があるでしょう。結果的に、既に相手が見つかっており、書類などを自分で書くことができる人であれば問題なく売買することができます。ですが、今まで売買の経験がない場合には、結果的に不動産業者にお願いをした方がメリットが大きいです。

不動産業者にお願いするときのポイントは、まずしっかりとした業者を選ぶことが大事になります。例えば、売却をする場合でも、不動産会社によっては、査定額を高めに設定する事が考えられます。実際に販売できるかどうかは別にして、査定額を高くすれば、契約できる可能性が高まるからです。そのような業者にお願いすると、なかなか購入してくれる人が見つからず、時間が経過するので結局価値が落ち込み、他の業者に販売したほうが安くなるでしょう。業者選びのポイントは、何らかの根拠がない限り相場ぐらいの査定額をつける業者を選ぶことです。また、顧客のことをよく考えてくれる業者を選ぶことが大事になります。どのように判断するかといえば、顧客の話をよく聞いてくれるかどうかで判断をしましょう。逆に、強い売り込みをかけて来る業者は避けるべきです。

不動産売買の業者選びは、外見からも判断することができます。例えば、ホームページやチラシなどを見るだけで判断することも可能です。ホームページやチラシの中に、「激安」「今なら仲介手数料50パーセントオフ」などといった購買意欲を刺激するような文字が羅列してある業者は避けるべきです。本当に優良業者と言われるところは、そのような言葉を使わなくてもお客さんを獲得することができるためわざわざ使いません。また、細かいところですが、資格を持っているかどうかや、電話番号も確認しておく必要があるでしょう。資格は、宅建の資格を持っていることが必要ですが、不動産取り扱いの許可証も確認しておく必要があります。電話番号は、市外局番から始まるのであれば問題ありません。携帯電話の番号のみならば、資格を持っていない可能性があるます。