初めての不動産売買はここではじめよう

home > 不動産の売買について > 不動産売買での資金で住宅ローンや利子負担もなくなるメリットが

不動産売買での資金で住宅ローンや利子負担もなくなるメリットが

資産にのなるのが不動産ですが、売買をすることを検討する機会も出てきます。お金はあるとすぐに使ってしまうのが人間ですが、不動産として資産があることで、すぐに消えてしまうことはありません。次の世代にも資産として不動産は渡しやすいですし、現金であっという間に使い果たすよりも、不動産を持っていたほうが安心があります。しかし何かしらの理由で不動産を売却することになった時、大きな利点となるのは資産を現金化できることです。不動産を売って現金を手に入れることで、その現金を住宅ローンなどにも充てることができます。数十年単位での住宅ローンは返済までの道のりが長いですが、不動産売却のお金で完済できれば気持ちも楽になりますし、銀行保証料も戻るなど利点が多いです。完済後には利子の負担も消え去りますし、不動産の現金化や遺産分割もしやすくなります。

これまで持っていた不動産を売買して一時的に大きなお金を手にすることはできますが、マイナス面もあるので理解をしておくことです。不動産売却をすることで土地を手放す場合、これまで得られていた収入がなくなることにもなります。土地を所有してアパート経営をしていた場合、入居者がいれば継続的に、毎月安定をした収入を得ることが可能です。大家として直接入居者とやり取りをすることもできますし、今では間に会社が入って、アパート管理はほとんど引き受けてくれるシステムもあるので、無理なく月々収入を得ることができます。まだ現役で働いているサラリーマンでも、アパート経営で副収入を得ることができますし、定年退職をした後のリタイア後でも安定の収入は継続です。しかしアパートのある土地を売却してしまえば、保有していた土地を手放すのと同時に、安定の収入も得られなくなります。

資産価値が高く評価をされる不動産ですが、それは環境や状態も大きく関わることです。今の時代であれば不動産を持っていることは大きな資産価値にはなりますば、場合によっては売買を検討したほうが有利になることもあるので、冷静に判断をするようにします。不動産を保有していたとしても、その住宅には住み手がつかないままであれば、住まいの劣化は驚くほど速くなりますし、メンテナンスをしないわけにはいきません。住宅建築物のメンテナンスは定期的に必要ですし、住宅のある土地の草取りなど手入れも必ずやっておかないとならないです。住宅や土地の手入れやメンテナンスには、労力もかかりますしお金もかかるので、その不動産からの収入が無い場合は、出費ばかりがかさみます。メンテナンスなどの出費や労力と不動産の価値を天秤にかけてみた時、思い切って売却することで、これまでの維持費は必要がなくなるのは大きいです。