初めての不動産売買はここではじめよう

home > 不動産の売買について > 不動産物件の売買では価値の条件の確認も重要です!

不動産物件の売買では価値の条件の確認も重要です!

不動産の物件の売買では、不動産物件の価値の見極めも重要になります。立地が何よりも重要ですが、不動産物件は同じ物件はひとつもありません。似ている条件の物件はあるでしょうが、それぞれメリットやデメリットがあり、それを活かすことができるかどうかでも結果である収益の違いが出てきます。管理方法や宣伝方法なども影響してきます。転売でも賃貸経営を目指す場合でも、物件の活かし方やか価値の見極めが重要になります。一般的な条件からの価値もですが、将来の収益を出せる自分だけの価値の見極めもあります。収益を出せる見極めがあれば、他の人たちが価値がないと考える物件の方が大きな収益を得られます。目の付け所ということですが、それらの価値からの収益の見通しができるかどうかも、不動産投資では重要なポイントになります。

不動産物件では、住まいとして購入する場合に、住みやすさという点が重要になります。見た目が豪華でも、住んだ時に住みにくければ、売却も難しくなりますし、賃貸物件としても入居者が確保しにくくなります。とくに賃貸経営で長期間収益を得ようとして投資をする場合には、誰もが住みやすく、ストレスを感じにくい一般的な住まいの方が入居者を確保しやすくなります。あくまでも住みやすいかどうかを基準にして不動産物件を購入する必要があります。そのほか同じ物件がないということで、不動産物件の売買ではチャンスや運ということもあります。その場合仲介をしてくれる業者が優秀かどうかも重要な条件になります。できるだけ条件に合った物件を手に入れたりする場合にも、それらを探すだけの営業力のある業者を選ぶ必要もあります。

不動産物件を購入する場合には、賃貸経営の投資用としても、マイホームの購入資金としても住宅ローンなどで、どのくらい借り入れができるのか、審査が通るのか、頭金はどのくらい用意できるのかなどの資金繰りが重要になります。良い物件が探せても、資金を用意できなければ意味がありません。事前にどのくらい金融機関から借りられるのか、頭金は何割程度用意できるのか、返済は無理がないかなどを事前に確認しておきます。投資がうまくいかず、住宅ローンなどを支払いながら、収益が出ず、赤字が膨らみ、退職金などで清算したという話も時々聞きます。そうなると資金も時間も無駄にして、何のために投資をしたかわからなくなります。そうならないためにも資金計画や収益の計算は希望的な観測を排除してシビアにしておく必要があります。