初めての不動産売買はここではじめよう

home > 不動産の売買について > 不動産物件の売買では基本的な知識の理解も重要です!

不動産物件の売買では基本的な知識の理解も重要です!

不動産物件の売買では、賃貸経営で利益を得る場合やマイホームとして購入する場合、転売などで利益を得る場合などいくつかの目的があります。それぞれ目的によって、対応や知識、ノウハウも変わってきますので、目的に沿った知識やノウハウを得ることが必要になります。いちばん身近な不動産の売買としてはマイホームの購入があります。マイホームの購入では、投資目的ではないので満足感が大きな目的のひとつになりますが、基本的な知識を理解しておくことは、他の売買と変わらない共通の部分もあります。例えば中古物件を購入する場合の手数料がだいたい1割ぐらいだとか、新築の物件と中古の物件のメリットやデメリットなども理解しておく必要もあります。将来の資産価値も重要な条件になります。共通する基本的な知識やノウハウと目的に沿った条件の確認が非常に重要になります。

マイホームの購入では住宅ローンなどの資金的な条件も重要になります。頭金をどのくらい用意できるのか、収入から毎月どのくらい返済ができるのかなどを調べますが、無理のない返済をするのが基本です。長い期間返済をするからで、短い期間ならば無理をしても乗り越えられるかもしれませんが、住宅ローンでは20年とか30年とかという長期間です。その間にいろいろなことが起こり、経済面でも収入や職場環境など大きく変化するかもしれません。そのため、無理な返済額だと返済できない状況があるかもしれないからです。基本的には今の賃貸の家賃と比較して考えると安心できます。賃貸でも家賃は毎月支払うので、今の家賃での生活の安定感を基準にするとわかりやすくなります。住まいでは住宅ローンの返済だけが費用ではないので、その点も考慮します。

投資ということでの賃貸経営のための不動産の売買では、利回りだけではなく、出口戦略や管理、コストなども考えて投資を行う必要があります。基本的には立地が重要です。需要と供給ということが投資やビジネスでの基本になるからです。いくら良い物件でも需要がなければ価値が下がります。不動産投資での賃貸系系を目指す場合には、収入は入居者の家賃だけです。入居者がいなければ家賃がないらず収入がなくなります。税金や維持費、住宅ローンなどの返済を考えるとマイナスになります。そのため売却をするまで収入を得る必要があります。入居者の確保のためにも、立地や需要は非常に重要です。購入する物件の地域の人口がこれか増えるのか減るのかや、購入する年齢層が増えるのか減るのかなども調べながら投資をする必要があります。